2020年08月31日 Aさんのニュース解説

おはこんばんにちは。Aさんです。チャンネルではまだお知らせしていないものの、 ちょっと時間が出来たのでここで先に話しておきます。いやー、ありがたい限りで す。ようやくここまで来れたものです。
つくづく、理解できない立場になりたく無い物だと思ってしまう。
とりあえず、僕が思ったことは、いかに自分のやりたくないことをやる時間を減らせ るかが重要なのかなってことかな。  あとは、昨日一昨日のことをいかにサッと忘 れることができるかかな。

さて、そろそろ本題に入ろう。

以下、引用。

大河ドラマ「麒麟がくる」 放送再開で記念品配布 岐阜

www3.nhk.or.jp/news/html/20200831/k10012592821000.html

新型コロナウイルスの影響で2か月近く放送が休止になっていた大河ドラマ「麒麟が くる」は、8月30日から放送が再開され、ドラマゆかりの地の岐阜市にある「大河ド ラマ館」では、放送再開にあわせて記念品が配られました。

引用終わり。

○Aさんの所感○
 ここで、僕が思ったのが、
 「」
 本気でそう思うのです。
その場でサッと対応することにストレスを感じない方ってどれだけいるのかな? そ して、逃げられる時に逃げられている方ってどれだけいるのかな??
ということは、現場の方の負担をなるべく少ない形でこの流れを持って行ったほうが いいのかなって思っていたりする。  まあ、これに関しては以前書いているので、 ここでは書きませんが。
それでええと思うのよ。まあ、それだけ日本の人の意識が変わってきているってこと ね。

以下、引用。

日ロ首脳が電話会談 平和条約交渉の継続を確認

www3.nhk.or.jp/news/html/20200831/k10012593351000.html

安倍総理大臣はロシアのプーチン大統領と電話で会談し、日ロ両国で平和条約交渉を 継続していくことを確認しました。そして、安倍総理大臣が「これからも友情を大切 にしたい」と述べたのに対し、プーチン大統領も「またお会いできることを楽しみに している」と応じました。

引用終わり。

○Aさんの所感○
 ここで、僕が思ったのが、
 「どうなるのかが気になるわ」
 本気でそう思うのです。
ということは、現場の方の負担をなるべく少ない形でこの流れを持って行ったほうが いいのかなって思っていたりする。  まあ、これに関しては以前書いているので、 ここでは書きませんが。
本当に、その通りだなぁと
2chで僕のスレがだいぶ立っているらしいので、ちょうどいいや笑

あり方を考え直した方が良さそうな気がしてきた。

以下、引用。

「原子力白書」技術者高齢化で人材枯渇 技術継承に不安 育成を

www3.nhk.or.jp/news/html/20200831/k10012593131000.html

ことしの「原子力白書」が31日に公表され、原子力分野では技術者の高齢化などで人 材の枯渇に不安があるとして、育成に向けた具体案などを提言しました。

引用終わり。

○Aさんの所感○
 ここで、僕が思ったのが、
 「」
 本気でそう思うのです。
本人が納得してるならそれでいいと思う。
こういった親を持っていない人にはなかなか理解し難いことだろうけど…
さてと、1週間以内に方針が転換されるかなっと

これ極論ですが、徳川幕府時代の非民主主義に戻った方がいいんじゃねとか思った り。(今回の事態は単純に日本の選挙権を保有している過半数の方々の無知無関心に よるものだなって思ったもので)なんかほんとなかなか不思議なことが起きているも のだなって感じです。まあ、日本の場合歴史的経緯的に変化するきっかけって外圧に よるものだったりするので、なんか仕方ないかなって感じだったり待つしかないかな って感じですが、この一件で、この日本の過半数に上る無知無関心な方々がいかに世 界に間接もしくは間接的に迷惑を今日において迷惑をかけているのかをなんとなく察 することが改めてできたのかなって感じです。(まあこういうのは日本だけに存在す るものとは断言しませんし、コレ一種の皮肉ですが)
以下、引用。

日ロ首脳が電話会談 平和条約交渉の継続を確認

www3.nhk.or.jp/news/html/20200831/k10012593351000.html

安倍総理大臣はロシアのプーチン大統領と電話で会談し、日ロ両国で平和条約交渉を 継続していくことを確認しました。そして、安倍総理大臣が「これからも友情を大切 にしたい」と述べたのに対し、プーチン大統領も「またお会いできることを楽しみに している」と応じました。

引用終わり。

○Aさんの所感○
 ここで、僕が思ったのが、
 「」
 本気でそう思うのです。
まあ、こう言ったものが役立つかどうかの判断は、各個人に委ねます。 本当にすご いものが出た。 でも、これから生まれてくる子どもたちはこういったものが当たり 前の世界で生きていくんだろうね。 世の中の変化についていける気がしない ^_^;
さてと、1週間以内に方針が転換されるかなっと

というわけで、これからも、飽きない限りマイペースに記事を書き続けたいなって思 っています。  と、いったところで、今回はこの辺で終わりにします。  ここま でお読みいただきありがとうございました。

このぼっと記事は、あらゆる民族、個人、性別などを貶める意図はありません。
良かったら、今後とも見守っていただけるとありがたいですm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください